ホームホーム
アクセスアクセス
menu

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは手術の要らない
近視進行を抑制する治療です

特殊なコンタクトレンズ(オルソKレンズ)で、近視の進行を抑制する治療です。夜間寝ている間に特殊な形状の高酸素透過性ハードコンタクトレンズを装用することで角膜の形状を整え、昼間は何もせずに、近視が矯正された状態で生活ができます。近視の方が対象となります。

img

オルソケラトロジーには
以下のような特徴があります

手術と違って角膜に傷を作らない
オルソKレンズを中止すると近視は元に戻る
日中はメガネやコンタクトレンズなしでスポーツが可能

オルソケラトロジーは
以下の方には向いていません

角膜のカーブが極端にゆるい方やきつい方
暗いところで瞳孔が極端に大きくなる方
40歳以上の方
円錐角膜、重度のドライアイ、角膜結膜疾患のある方

安全性について

オルソケラトロジーは、アメリカで30年以上前から研究・施術され、現在、アメリカ・ヨーロッパ・アジアを中心に、世界各国でその安全性と近視の進行抑制効果が認められ、実施されております。レーシック等の外科的手術と異なり、レンズの装用を中止すれば、角膜の形状は元に戻りますので、安心してお使いいただけます。当院では各種検査を行い、患者様の眼の安全を確認しておりますので、定期検診は必ず受けましょう。

治療の流れ

適応検査

オルソケラトロジーが可能かどうか検査をおこない
医師が適応と判断した場合はテストレンズを処方します。

装用テスト

1~2週間、テストレンズをトライアルしていただきます。

治療の開始

トライアル後、満足いただけた場合は、処方用レンズを注文し治療を開始します。

定期検査

治療開始1ヵ月後に検診、その後は3ヵ月ごとに定期検査を受けていただきます。

オルソケラトロジーは自由診療です

オルソケラトロジーによる検査・診察は保険適用外となりすべて自由診療になります。

オルソケラトロジーの開始費用は
16万円(税別)です

開始から6ヵ月間の検診費用(処方レンズを含む)
※点眼、ケア用品、6ヵ月以降の検診費用は別途必要になります。