menu
ミャンマー医療活動

レポート

第22回 レポート

参加者

藤田善史/藤田眼科
中茎敏明/藤田眼科
井上 康 先生/井上眼科
他 計8名

活動日程

2012年10月6日 ~10月11日

初日はヤンゴン眼科病院で手術前の器材チェックをおこないました。前回寄贈した硝子体手術に使用する眼内レーザーはレーザー管が劣化しており使用できない状況でした。2日目、3日目で白内障手術を33例、硝子体手術を4例おこないました。また、オンサイト・トレーニングでは、6名のミャンマー眼科医を井上先生と一緒に教えました。中茎先生はヤンゴン眼科病院で硝子体手術を担当しているサン・ミント先生と一緒に硝子体手術をおこないました。4日目は当院で研修をおこなったチョー・ミン・ルイン先生のクリニックを訪問し超音波白内障手術器械を寄贈しました。その後は、前ミャンマー大使で現ヤンゴン市長ウ・ラ・ミン氏の招きでヤンゴン市役所を訪問しました。

写真1

ヤンゴン眼科病院で硝子体手術用レーザーをチェック

写真2

ティン・ウィン教授と翌日の手術について打ち合わせ

写真3

硝子体手術前に、患者さんを診察する中茎先生

写真4

使用する眼内レンズや薬剤のチェック

写真5

白内障手術をおこなっている井上先生

写真6

サン・ミント先生と一緒に硝子体手術をする中茎先生

写真7

手術後の記念集合写真

写真8

チョー・ミン・ルイン先生の外来診察室

写真9

ヤンゴン市役所で、ウ・ラ・ミン、ヤンゴン市長と会談