menu
ミャンマー医療活動

レポート

第20回 レポート

参加者

藤田善史/藤田眼科 埜村裕也/藤田眼科
井上 康 先生/井上眼科
堀尾直市 先生/朝日大学歯学部付属村上記念病院
金田正博 先生/東濃厚生病院
村田晶子 先生/さぬき市民病院
他 計22名

活動日程

2010年4月29日 ~5月6日

今回は当院の埜村先生が初参加となりました。初日はヤンゴン眼科病院で井上先生と一緒に白内障手術22例、堀尾先生による硝子体手術6例、オンサイト・トレーニングが3例おこなわれました。翌日は術後回診をおこない、僻地医療プログラムがおこなわれる首都ネピドーに移動しました。炎天下の中、エアコンもほとんど効かない2台の小型バスに乗り込んで6時間かけてネピドーに行きました。3日目、ネピドー病院に集まった多くの患者さんから白内障手術が必要な方が選別され、5列のベッドを使用しミャンマー医師と一緒に手術をおこないました。堀尾先生、井上先生、私の3人で30例の手術をおこないました。夜は懇親会、日本のメンバーは、ジョン・デンバーの「カントリーロード」を、ミャンマーのニラ・タン先生は伝統的なミャンマーの踊りを披露してくれました。翌日は「第10回ミャンマー日本眼科手術学会」が開催されました。

写真1

堀尾先生による硝子体手術、器械担当は滝口さん

写真2

オンサイト・トレーニングをする女性医師と手術前に打ち合わせをおこなう

写真3

ヤンゴン眼科病院の白内障手術予定表

写真4

エアコンの効かないバンで、炎天下の中ヤンゴンからネピドーに向かう

写真5

診察を待つ患者さんの待合所

写真6

2台のベッドを使用し白内障手術をおこなう。手前が私で、奥が堀尾先生と井上先生

写真7

ネピドーにおける僻地医療プログラム、手術後に記念撮影

写真8

僻地医療プログラムで旧来の手術方法で白内障手術をおこなうミャンマー医師

写真9

準備されたカルテと眼内レンズ

写真10

日本チームで「カントリーロード」を熱唱

写真11

ミャンマーの古典舞踊を踊るニラ・タン先生