menu

実績・受賞

徳島医学会賞受賞式

2006年08月11日 更新

平成18年7月30日(日)9:00から阿波観光ホテルにて第232回徳島医学会学術集会が開催され、 第16回徳島医学会賞授賞式及び受賞講演がありました。 当院院長 藤田善史の受賞講演時にはタンチョウ公使より祝辞をいただきました。

徳島医学会賞受賞に関する新聞記事

受賞講演

記念品

第16回徳島医学会賞受賞記念講演

受賞講演ではミャンマーでの眼科医療活動を、以下のような項目でスライド講演しました。

  • ミャンマー連邦(旧ビルマ)について
  • ミャンマーの眼科医療水準について
  • ミャンマーからの超音波白内障手術指導の依頼
  • 白内障について
  • 水晶体嚢外摘出術と眼内レンズ挿入術
  • 超音波白内障手術と眼内レンズ挿入術
  • 第1回ミャンマー眼科医療活動
  • ミャンマー連邦での超音波白内障手術指導
  • いかに超音波白内障の手術指導をおこなうか
  • 手術助手として超音波白内障手術指導
  • 豚眼を使ったウェットラボ
  • ミャンマー眼科医への器具、薬剤寄贈
  • ミャンマー・日本眼科手術学会
  • ミャンマー眼科医の研修
  • ミャンマーにおける超音波白内障手術指導

これまでのミャンマー医療活動に関する新聞記事

タンチョウ公使の祝辞

藤田先生の活動をミャンマー政府は、心から歓迎しており、私たち大使館は、藤田先生の活動目的が達成できるよう、さまざまな支援をおこないたいと考えています。

私たちは藤田先生がミャンマーの人々を助けてくださる活動が継続されることを望んでいます。

ミャンマー大使館は、藤田先生がミャンマーの人々を支援してくださるように、いつでも藤田先生を支援する準備ができています。

ミャンマー代表として、申し上げます。